ウミガメ目養成講座 - 加計呂麻島ぷかぷかりんごだより~flowing apple in the Kakeroma Island~

加計呂麻島ぷかぷかりんごだより~flowing apple in the Kakeroma Island~ ホーム » スポンサー広告 » 海でぷかぷか » ウミガメ目養成講座

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウミガメ目養成講座

カメ1


加計呂麻島の海ではウミガメに会う事がよくあります

そこで今日はウミガメのお話です

ウミガメ目(もく)ではありません(ウミガメはカメ目です)

ウミガメ'め'→ウミガメを発見する目、でございます

世にはいろんな『目』がありますね

何かを発見する観察眼、とでもいいましょうか

ウミウシ目(砂粒の中から数ミリのウミウシを発見する目)

鳥目(夜に視力が弱い事ではなくて、森の中で鳥を発見する目)

秋にはやっぱり、きのこ目(フェニックスことわが祖母は森の王者)

私はまだまだその『目』を養い中ですが

ゲストの方々をご案内していてウミガメに会った時に

見逃してしまわれる方が結構いらっしゃるんですね

「あそこにカメがいますよ~」

と言うと、大半の方は指差す方向でなくて私を見ちゃう

で、カメはスイスイ泳いでいっちゃう

目が慣れるまではなかなか難しいですが

こんな感じで見えるんだ、というイメージを持っていただけると幸いです

まず、一番最初に載せましたカメさんは、とってもわかりやすい場合です

透明度良し、カメ近し、泳ぐスピード遅し

と3拍子揃っております

いつもこうだとよいのですが

だいたいはこんな感じ↓
カメ2

スイスイ泳いでいっちゃう

そして追いかけるとこうなります↓
カメ3

わかりにくいですね~

カメは泳ぐの早いんです

いつかの少年は『お話と違ってカメさん早いやんかっ!』と怒っていましたが

それは『ウサギとカメ』のリクガメの事だね

少年よ、ウミガメは泳ぐの上手なんだよ

と、いうわけで

みなさん、海でご一緒した際に

「ウミガメですよ」だとか「エイですよ」なんて聞こえたら

ガイドは見ずにその指先を探してみてくださいね

ではでは最後にカメさんより

カメ4
「わし、近くに寄って来られるの好きちゃうねん」

そんな事言わずに、これだけ近くに来てくれたらいいのにね






コメント
非公開コメント

おnちゃん

Hai!!
カメちゃん、Besarでしょ。会いにきてね。
やはり自然の中にいる男子は『目』がいいよね~。
ダーとA氏と対決させたいね~(笑)

2010-10-05 23:53 │ from ぷかぷかりんごURL

Bagus! ウミガメPhot!
うちのダーも私よりその“目”が断然優れてて、ついていくのに大変です。

2010-10-02 13:19 │ from おnURL

トラックバック

http://pukapukaringo.blog14.fc2.com/tb.php/25-ba39e755

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。