アルケアルケ - 加計呂麻島ぷかぷかりんごだより~flowing apple in the Kakeroma Island~

加計呂麻島ぷかぷかりんごだより~flowing apple in the Kakeroma Island~ ホーム » スポンサー広告 » 島口 » アルケアルケ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルケアルケ



奄美/加計呂麻島へ移住してもう7年を過ぎました。
初めてこの島を訪れた時、いろんな事が新鮮で何もかもが驚きの連続でした。
植物も違えば、お天気の様子も全然違う。
奄美で暮らし始めて、雨がやってくる様は目で見てわかる事があるのだと知りました。
季節の移り変わりを鳥の鳴き声で感じたり、自然を身近に感じる事ができて感動する事も多かったですが、
もちろん言葉や風習も違う事だらけで、毎日カルチャーショックの連続でした。

ふと気付くと、自分の言葉が変化している事に気付きました。
島で暮らしているとそれが当たり前になってくるのですが、それは始めは新鮮だった言葉や風習だったりするのです。
そんな言葉や風習を紹介していきたいと思います。

まず今日ご紹介するのは「アルケアルケ」
奄美/加計呂麻島の言葉は全く意味がわからない単語が多いのですが、
この言葉は初めて聞いてもなんとなく意味がわかるけれど、何だろうという感じ。
そう「ウォーキング」の事なのです。

どこの地方でも僻地になるほど車の使用率が高いと思うのですが、ここ奄美/加計呂麻島も同様です。
ちょっとそこまで、も車を使います。
だから、ちょっと歩いていると、必ず誰かの車に拾われてしまうのです。
(加計呂麻島の集落は小さいから、みなが顔見知りなのです)

だから、意図して歩いていても
「○○まで歩いて行くんです」
と、言うと必ず
「○○までは遠いから(歩いて行くのは大変だから)車に乗せてやろう」
という感じになるので、お断りしにくくなりますが、魔法の言葉『アルケアルケ』で解決です。

そこで、使うのが以下の表現。
「アルケアルケしてるんです」
すると、みなさんこうおっしゃいます。
「おぉ、アルケアルケか!感心じゃが~、がんばれよ」とか。
「アルケアルケは良い事じゃが。せいだいアルケよ」と。

それが、けっこう強面のヒゲ面おじさんも同じようにおっしゃるので、なんだかほっと和む言葉のひとつにもにもなっています。
いろいろな側面で「アルケアルケ」はよい事だなあと思う事もしばしば。

これからアルケアルケによい季節です。
自分の足で歩いた先に見えた景色のなんと美しい事よ。


0425


コメント
非公開コメント

あらー。タベロタベロでなくて、アルケアルケの呪文が必要だわね!

2012-05-01 23:25 │ from ぷかぷかりんごURL

No title

「タベロタベロ」の私に、
「アルケアルケ」をください。。。


スゴイ迫力の写真やね☆

2012-05-01 10:28 │ from makiURL

だまちゃん
そうっちょ!もう8年目っちょ!早いっちょ~。
はげ~、だまちゃん相変わらずあっきゃあっきゃかや~。
きばりんしょぅれよ~。

2012-04-27 19:07 │ from ぷかぷかりんごURL

Re.あるいたあるいた

マメジローさん
それはうんと歩かれましたね!
ぜひまたたくさんアルケアルケしにいらしてくださいませ。

2012-04-27 19:02 │ from ぷかぷかりんごURL

No title

えーもう7年!!!てことはだまももう7年経つのね。名古屋でてから・・・こわいわ。
アルケアルケ魔法の言葉。なつかしわー。いまでもでます「○○したっちょ」
「はげー」。ついでに北海道弁らしきものも交じり合いながら。相変わらずまともな方言は話せません・・・

2012-04-27 00:18 │ from だまURL Edit

あるいたあるいた

先日、押角から瀬武まで歩いてしまいました。

2012-04-26 20:49 │ from マメジローURL Edit

トラックバック

http://pukapukaringo.blog14.fc2.com/tb.php/139-e51196c6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。