眼を磨け - 加計呂麻島ぷかぷかりんごだより~flowing apple in the Kakeroma Island~

加計呂麻島ぷかぷかりんごだより~flowing apple in the Kakeroma Island~ ホーム » スポンサー広告 » 例えばこんな話 » 眼を磨け

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

眼を磨け

0413

また春の嵐だ.
暴風が木々を揺らし,雨は大きな音を立てて屋根をたたきつける.
こんな日は,家の中でできる仕事に精を出す.
今日は,今まで撮りためた写真を整理しながらああでもないこうでもないと問答する.
相方曰く.私の撮った写真達は毒にも薬にもならないモノが多いという事らしい.
そこから話は広がって,なんだか大きな話に発展してしまった.
何をどう表現したいのか?
可もなく不可もなくでいいのか?
自分はどうありたいのか?などなど.
矢継ぎ早に質問を浴びせられる.
難しくて基本的な事.実践と本質.何がなんだかわからなくなってきてしまう.
そこで,でた結論は.

「眼を磨け」

これは荒木経惟氏の著書のタイトルだが,全てに通じて言える事ではないかという結論になった.
今からでも遅くはない.
磨いてどれだけ光るかわからないけれど,磨かなければ何も変わらない.
なんとなくもいいけれど,なんとなくでない何かがひとつでもあるともっといい.

相方と2人,よくそんな話をする.
そんなに高尚な事ではないが,サットサンガなのだ.
そう,ここは加計呂麻島.
自分自身と向き合う時間がとても多いのだ.
それは時にとても苦しい事もあるけれど贅沢で豊かな時間なのだ.


コメント
非公開コメント

磨きまくる!!

はなだばたけさん

ありがとうございます。
「磨きまくる」って、いい表現ですね!!
磨きぬかれたものはほんとうに美しくすばらしいと思います。

おもろい、と言っていただけて光栄です!
なかなかキビシ~指摘にオロオロする事もしばしばですが、おかげさまで愉快な日々です。
本人曰く、毒が強い(?)分、その魅力があるのだとか?!

サットサンガとは、サンスクリット語でサット(真理・純粋なもの)サンガ(集まり・同席)を意味しており、
本来は、霊性修行をしている人達が師を囲んでの神聖な集まりとされていました。
最近は、「賢者と交流し、聖者や高尚な方々と共に過ごし、彼らの貴重な体験に耳を傾け、教えに従う。」という意味で使われています。
私達は無宗教ですし、そんな高尚な話ではないのですが、インドでyogaを学んできた相方によると、物事の真理について考え話し合うことも含まれるようで、しばしばこのブログのような会話が2人の間でなされるのでした。




2012-05-20 19:03 │ from ぷかぷかりんごURL

おもろい

相方の、毒にも薬にもならないっておもしろい。
おもしろいよ。

それでサットサンガってなに?

自分も磨く、磨きまくるよ。方向を間違わないように。

2012-05-16 23:34 │ from はなだばたけURL

おnちゃん
綺麗な景色を写し取るのは実はとても難しいよね。
気に入ってくれてありがとう!
こんな話はしょっちゅうだよ。同士かどうかはわかんないけどね・・・
ほんと、贅沢だよね。

2012-04-15 09:29 │ from ぷかぷかりんごURL

この写真素敵!
贅沢な時間だねー
相方さんとそんな話してんだねー
同士だな。

2012-04-14 10:20 │ from おnURL

あずさん
そうなんですよね。
いつも向き合っていては疲れ果ててしまいますが、たまには、ね。
明けない夜はない、かと。
お互いがんばりましょう。

2012-04-14 00:21 │ from ぷかぷかりんごURL

No title

うむうむ。なるほどねー。なにするにしてもそうなのかもねー。
自分と向き合う時間が多い。自分と向き合うことって難しいよね。あえて避けてしまうこと、ごまかしてしまうこと・・・多いよね。時間がないって理由でね。そんな時間を持てるのって素敵だね。がんばります。

2012-04-13 23:40 │ from あずURL Edit

トラックバック

http://pukapukaringo.blog14.fc2.com/tb.php/135-b0b4c4b7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。